検索

DIE WITH ZORO

DIE WITH ZOROという本を読んで、あまり感動しなかった。良書と感じるが、そうだよね。そうそうという確認が多かったからです。

要約すると、ほとんどの人は70歳で資産のピークを迎える。果たしてそれが正解か?今しかできない事に投資する方が豊かな生き方ではないか?


| 経験の価値を信じる。モノの価値は時間と共に下がるが、経験の価値は時間と共に思い出として上がっていく。経験から楽しみを引き出す力は落ちるので、使いもしないお金を稼ぐのはやめるべき。


| ゼロで死ぬ。死ぬときに余っているお金は無駄。死ぬときに持っているお金は過去の自分から奪った時間の代償である。養うために忙しく働くのはいいが、子供の幼少期に共に過ごす時間は二度とやってこない。


| お金の価値を引き出せる力は加齢とともに衰えていく。例えば30歳では元気にできるスポーツは沢山あるが、80歳ではできるスポーツは限られている。旅に出てもアクティブには動けない。


| 健康低下、興味減弱、性欲減退、想像性低下。

老後の自分は思っているほどお金は使わない。

| 私の死生観

人は必ず死ぬ。死を強く意識するから、大切に生きようとすると思います。

私の人生の意思決定の判断基準は死ぬとき、目を閉じる瞬間に後悔することがあったと感じるか。感じないか。です。


自分の心に聞いて良い気分ならどれを選んでも正解。正解不正解は人それぞれだから、他に影響されるとブレると感じます。さらに言うと正解か不正解じゃなくて、どれがやりたいかやりたくないかだからと考えます。

正しいより、楽しい。正しいより、面白い。今は楽しい? 常に楽しい。なら良いと判断します。未来も病気も事故も予測はできないから、今を全力で楽しむ。後悔のない判断をする生き方。それであれば、いつ死んでも後悔はないと感じます。


誤解を怖れず言うのであれば、人が死ぬのはそれほど悲しくない。きっと今後会えなくなるから悲しいのだろう。準備ができていないから悲しいのだろう。なら、生きているうちに丁寧に接すればいいと思います。



| お金やモノでは幸福度は上がらない。

私は自分の寿命までに使うお金を稼いだらセミリタイアすると決めています。

所有しようと思うからお金がたくさん必要だが所有しない生き方もあると考えます。大きなプロジェクトは組織力が必要なため会社と組み行い、個人のスペシャリストとして参加。個人としての事業は楽しく生きる最低限の収益をあげる体制を築き、楽しい時間を過ごすプロジェクトを組める様に”時間を最優先”に生きたいです。



|来世に資産は持ち越せない。

生命力があれば、将来に不安はないです。未来のために投資しろ。という考えは間違ってはいないと感じますが、お金を増やすコトより、お金を稼ぐ生命力を高める事ができればどんな時代が来ても問題ないと感じます。

私はスーパーポジティブなので、コロナウィルス蔓延という困難が ”生きるという事" を深く考えるきっかけになったと思います。なぜ生きるか、どう生きるかが大事であり、ただ生き残る事ではないと感じます。


Most important thing is why to live ,how to live. Not to just survive.

夜明け前に明日を感じて。




21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示